社会人・学生のための通信制大学&大学院検索
学習の流れは?
授業スタイルは、通信授業と面接授業の大きく二つ。
通信授業は、主に送られてきたテキストなどの印刷教材を使って自分で学んでいくもの。一定の学習を終えたら、与えられた課題を大学に提出。これに対する添削指導を受けて、もう一度学習をし直したり、さらに学習を進めていく。学習中の疑問は、質問票や電子メールなどを使って質問することもできる。
通信授業の他にも面接授業、“スクーリング"とは?
通信授業だけで大学の教育のすべてを十分に行うことは難しい。そこで実施されているのが、スクーリングとよばれる面接授業だ。これは、一定の時期・場所に学生が集まって講師から直接講義を受けるものだが、多くの大学では受講生の負担を軽減するため、本キャンパス以外に、地方都市などでも開催している。
仕事をしながら学んでいる人でも参加しやすい
実施する時期も週末、夏期・冬期に集中して行われることが多い。直接講義を受けることで学習上の不安を補えるだけでなく、同じ目的をもって学ぶ仲間に会えることが励みにもなるようだ。
すべての学習を修了後
単位修得試験(科目試験)に合格すると、その科目の単位が得られる。こうして通信授業と面接授業とで学び必要な単位を修得し、卒業論文や総合面接試問などの卒業試験に合格すると卒業となる。
→入学試験は?
通信制大学・大学院をジャンルから探そう
ビジネス系(MBA・経済・経営・法・政治 他)
文系(文学・語学・宗教 他)
心理
教育
福祉・健康
看護・医学・栄養・家政・生活関連
芸術・美術・伝統工芸・デザイン関連
理工・情報・IT系(建築・土木系含む)

通信制大学院を知る
通信制大学院とは?
どう学ぶ?学習の流れは?
通信制大学院の入学試験とは?

ページのTopへ

大学・大学院検索TOP
資格・ケイコとマナブ.net
(C) RECRUIT Marketing Partners Co.,Ltd.